2017年度 国内男子ツアー「ホンマツアーワールドカップ」開催コース

倶楽部の歴史
HISTORY

京和カントリー倶楽部の
歴史をご紹介致します。

昭和61

コース造成、クラブハウスの建築が始まる

愛知県、足助町、各県議会、地方議員、関連職員、地元の協力にて造成は順調に進む。

平成

京和カントリー倶楽部 開場

名古屋市、豊田市を中心に400名の方々を会員として向かえ、運営を開始した。

平成

第1回 倶楽部選手権
(クラブチャンピオンシップ)開催

平成9年11月に倶楽部初のクラブチャンピオン選手権競技を開催。初代チャンピオンには北川安男氏が輝いた。

平成10

第1回 理事長杯 開催

平成10年5月に倶楽部初の理事長杯を開催。立松賢氏が初代チャンピオンに輝いた。

平成13

第1回 シニアチャンピオンシップ 開催

平成13年11月に倶楽部初のシニアチャンピオンシップを開催。初代チャンピオンには井上實氏が輝いた。

平成21

三甲株式会社による経営が開始される

平成22

第1回 愛知県実業団対抗ゴルフ選手権 開催(9月)

平成22年9月11日(土)、第1回愛知県実業団対抗ゴルフ選手権を豊田市の京和カントリー倶楽部にて開催。愛知県内の52社から208名の選手が集まり、県内最強企業の座をめぐる熱い戦いが繰り広げられる。
第1回大会開催以降、2016年開催の第7回大会まで毎年開催され続けており、毎年熱い企業対抗が繰り広げられている。

平成23

第1回 実業団対抗ゴルフ選手権
決勝大会開催(10月)

2011年5月14日(土)、第1回実業団対抗ゴルフ選手権決勝大会を豊田市の京和カントリー倶楽部にて開催。東海地区実業団ゴルフナンバー1の座を賭け、愛知県、岐阜県、三重県で予選を行い、決勝大会を京和カントリー俱楽部にて開催。
3県上位15チームが決勝大会へ参加する権利があったが、東日本大震災の影響もあり、大会当日の参加チームは30チームであった。
2015年の第6回大会からは新たに関西地区予選も加わり、愛知県、岐阜県、三重県、関西地区で争う、西日本決勝大会となりました。

平成24

第1回 実業団対抗東海ワーキングウィメンズゴルフカップ 開催(10月)

2012年10月27日(土)、第1回実業団対抗東海ワーキングウィメンズゴルフカップを開催。働く女性を応援するをテーマに東海地区の企業№1を賭けた熱い戦いが繰り広げられた。
女性ならではの華やかさがある今大会も2017年には第6回大会を迎える。

平成27

第18回住地ゴルフホームコースアンケート「中部地区 トップ10」入り

ゴルフ会員権取扱い国内最大手の住地ゴルフが、全国1,082コースを対象に2年に1度実施している国内最大規模のゴルフ場アンケート「第18回ホームコースアンケート」において、京和カントリー倶楽部が「中部地区 総合評価上位トップ10」に選出。

運営が八甲株式会社となる。

住地ゴルフ ホームコースアンケートにて「中部地区TOP10」に選出頂きました。
キャディ募集
プロショップ最新情報