クラブヘッドの特徴理解していますか。

LINEで送る

こんにちは、マスター室岩﨑です。今皆さんが使っているドライバーの特徴はご存知でしょうか。自分のスイングに合ったドライバーを使う事でもっとゴルフが簡単になるかもしれません!今回はドライバーの形、シャローヘッドとディープヘッドの違いについて紹介させて頂きます。

<シャローヘッド>
blog_20190801_1 blog_20190801_2
シャローヘッドはフェースに厚みがないものを言います。つまりフェースが薄いという事です。フェースが上下に薄く重心が低くなりますので、バックスピン量が多く、ボールは上がりやすくなります。スイートスポット(重心点)のある周辺、つまりスイートエリア周辺でボールをヒットしやすくなります。

<ディープヘッド>
blog_20190801_4 blog_20190801_3
ディープヘッドはフェースに厚みがあり、高さがあります。重心が高くなりますので、バックスピン量を抑えたボールを打つことに適しています。高さを抑えた、低い弾道が打ちやすくなります。


いろんな形があるドライバーですが、その形状にはちゃんとした理由があります。
ドライバーの形は、設計上でヘッドのどこに重心位置があるのかで大きく変わります。重心位置は、ドライバーの打ちやすい弾道に関係します。

シャローフェース ディープフェース
重心 低い 高い
インパクトエリア 左右に広い 上下に広い
弾道 ボールが上がりやすい ボールの高さを抑えれる

ヘッドの特徴を理解することにより球が上がらない、上がりすぎるなどの悩みを打ち方ではなくクラブで改善できる可能性があります。
これを機会に今の自分のドライバーの弾道や直進性を見直してみるのも良いのではないでしょうか。
是非参考にしてみてください。

TOP