京和を攻略!~10H編~

LINEで送る

こんにちは。マスター室小川です。
今回はインコースのスタートホールである10番をご紹介します。

10H
10H
見た目以上にクセのあるこのホール、ハンディキャップ2と設定されている為、7番に次いで2番目に難しいホールということになります。
このホールの攻略のカギはティショットです。
まず、フェアウェイ右にバンカーが二つあり、一つ目まで184ヤード、二つ目まで214ヤードとアマチュアゴルファーなら丁度入ってしまいそうな距離です。このバンカーに入れてしまうとセカンドショットが確実に難しくなります。

10H
セカンドショットでは距離が残るため、欲張らずに花道辺りに刻むのがベストです。
グリーンの難易度は比較的低いので、ワンパット狙いで勝負をかけてみましょう。

ミドルホールの中でも打ち上げを入れると一番長いホールとなりますので、全てのショットに正確性が必要とされます。

パーセーブを狙ってマネジメントに挑戦してみてください。

TOP